村上農園を知る

村上農園の高成分野菜 高成分野菜とは?

高成分野菜とは、ビタミンや植物由来の有用成分(ファイトケミカル)などのうち、本来野菜にごく微量にしか含まれない、もしくはまったく含まれない成分を、技術を用いて高い含有量にした野菜のこと。

少ない量でも従来より高い栄養を摂取できるのがポイント

商品化されているのは世界でも例が少なく、村上農園の「ブロッコリー スーパースプラウト」や「ブロッコリースプラウト」、「マルチビタミンB12かいわれ」はその代表的な事例です。

村上農園が考える「高成分野菜」

本来まったく含まれない、あるいは微量にしか含まれない有用成分を、品種改良や栽培技術を用いて高含有にした野菜 有用成分が安定的に含まれていることが、第三者機関で科学的に証明されている
※村上農園では、有用成分が安定的に含まれていることを第三者機関で証明してもらうと同時に、自社で定期的に測定しています。

上記の考えに基づき、弊社では高濃度スルフォラファンを含有する「ブロッコリー スーパースプラウト」および「ブロッコリースプラウト」と、「マルチビタミンB12かいわれ」の3商品を高成分野菜と位置づけ、販売しています。
また、高成分野菜の売上の一部を研究機関における有用成分の機能性研究に還元し、共同研究も含めて積極的に支援し、野菜の有用成分のさらなる可能性を探り続けています。

高成分野菜を実現するための取り組み

野菜の成分量は、見た目や味では判断できません。村上農園では、有用成分を安定的に含む高成分野菜をお客さまに提供するために、さまざまな取り組みを行っています。

国内で唯一「認定種子」を使用

村上農園では国内で唯一、ブロッコリー スプラウトとブロッコリー スーパースプラウトの生産に、ジョンズ・ホプキンス大学認定の高濃度スルフォラファン含有種子を使用しています。さらに、自社で品種改良に取り組むほか、海外の種子生産会社とも連携し、スルフォラファン濃度を高める取り組みを行っています。

高濃度にスルフォラファンを含むブロッコリーの種子
高濃度にスルフォラファンを含むブロッコリーの種子

スマートアグリで、成分の安定化を実現

育成環境を最適に保つことができる植物工場で栽培することで、成分の安定化を実現しています。また、全国に9カ所ある生産施設を情報ネットワークで結び、栽培情報を共有。品質管理部門で一元管理することで、品質の均一化に努めています。

ブロッコリー スーパースプラウトの生産施設(大井川生産センター)
ブロッコリー スーパースプラウトの生産施設
情報ネットワークの拠点である「ワールドコントロールセンター」
情報ネットワークの拠点である「ワールドコントロールセンター」

含有量を保証する検査体制を構築

村上農園社内にある「スルフォラファン研究所」で成分検査を実施するとともに、国内外の検査機関及び研究機関にも検査を依頼することで、成分の含有量を保証しています。とくに、ブロッコリースプラウトとブロッコリー スーパースプラウトは、ジョンズ・ホプキンス大学で成分検査を実施することで、同大学の認定基準を満たしていることを確認しています。

スルフォラファン研究所
スルフォラファン研究所
ブラシカマーク※
認定基準を満たしていることを証明する「ブラシカマーク」
※ブラシカマークの認定管理は、ジョンズ・ホプキンス大学から委託を受けたBrassica Protection Products LLCが行なっています。

有用成分のさらなる可能性を追求

高成分野菜の売上の一部を有用成分の機能性研究費用として還元し、野菜の健康効果のさらなる可能性を追求しています。

研究支援をしている米国の研究機関「ケモプロテクションセンター」
研究支援をしている米国の研究機関「ケモプロテクションセンター」

「高成分野菜」の商品

ブロッコリー スーパースプラウト ブロッコリー スーパースプラウト

有用成分スルフォラファンを成熟ブロッコリーの20倍以上含む発芽3日目のブロッコリースプラウト

商品紹介
スプラウトシリーズ ブロッコリー スプラウトシリーズ ブロッコリー

有用成分スルフォラファンを成熟ブロッコリーの約7倍含む発芽1週間目のブロッコリースプラウト

商品紹介
マルチビタミンB12かいわれ マルチビタミンB12かいわれ

野菜や果物には含まれないビタミンB12を摂取できるかいわれ大根
(栄養機能食品)

商品紹介