村上農園を知る

スルフォラファン研究論文アーカイブ

「ブロッコリースプラウト」「ブロッコリー スーパースプラウト」に含まれる成分「スルフォラファン」に関する
研究論文をご紹介します。
※題名をクリックすると論文データベースサイト(英語サイト)へ移行します。

2016年7月

Role of Keap1-Nrf2 signaling in depression and dietary intake of glucoraphanin confers stress resilience in mice.

うつ病におけるKeap1-Nrf2系の役割と、マウスにおいてグルコラファニン摂食がストレスレジリエンス(精神的回復)をもたらす

スルフォラファンを摂取しKeap1-Nrf2系を活性化することは、うつ病症状の予防につながる

研究レベル
動物
掲載誌
Scientific Reports
研究機関
千葉大学、カゴメ
2016年7月

Prevention of Carcinogen-Induced Oral Cancer by Sulforaphane.

発がん物質が誘発する口腔がんのスルフォラファンによる予防

ブロッコリースプラウト由来成分の摂取で、マウスにおいて発がん物質(4NQO)による腫瘍の発症率が減少した

研究レベル
細胞・動物・臨床
掲載誌
Cancer Prevention Research
研究機関
University of Pittsburgh School of Medicine
2016年3月

Sulforaphane promotes murine hair growth by accelerating the degradation of dihydrotestosterone

スルフォラファンは、ジヒドロテストステロンの分解を早めることでマウスの体毛の成長を促進する

スルフォラファンは頭頂部の頭皮でヒトの毛包の後退を引き起こすジヒドロテストステロン(DHT)の分解を早める

研究レベル
動物
掲載誌
Biochemical and Biophysical Research Communications
研究機関
東京医科歯科大学
2015年11月

Sulforaphane-rich broccoli sprout extract improves hepatic abnormalities in male subjects

スルフォラファンリッチなブロッコリースプラウトの抽出物は、男性被験者において肝臓異常を改善する

スルフォラファンを継続的に摂取することで、肝機能が改善される可能性が示唆

研究レベル
臨床
掲載誌
World Journal of Gastroenterology
研究機関
東海大学
2015年9月

Sulforaphane improves the bronchoprotective response in asthmatics through Nrf2-mediated gene pathways

スルフォラファンはNrf2応答系を介してぜんそく患者での気管支保護反応を改善する

軽度なぜんそく患者がスルフォラファンを14日摂取したところ、気管支収縮薬の効果が高まった。

研究レベル
臨床
掲載誌
Respiratory Research
研究機関
ジョンズ・ホプキンス大学
2015年6月

Dietary Intake of Sulforaphane-Rich Broccoli Sprout Extracts during Juvenile and Adolescence Can Prevent

少年期と青年期にスルフォラファンリッチなブロッコリースプラウトの抽出物を摂取することは、フェニシリジンが引き起こす成人期の認知障害を防ぐ

子供の時のスルフォラファン摂取が成人後の統合失調症の発症を防ぐ可能性について

研究レベル
動物
掲載誌
PLOS one
研究機関
千葉大学
2014年10月

Sulforaphane treatment of autism spectrum disorder (ASD)

自閉症スペクトラム障害のスルフォラファン投与

研究レベル
臨床
掲載誌
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America
研究機関
ジョンズ・ホプキンス大学
関連リンク
2014年08月

Rapid and sustainable detoxication of airborne pollutants by broccoli sprout beverage: results of a randomized clinical trial in China.

ブロッコリースプラウトジュースによる大気汚染物質の急速で長期的な解毒:中国でのランダム臨床試験の結果

研究レベル
臨床
掲載誌
Cancer Prevention Research
研究機関
ジョンズ・ホプキンス大学
2013年11月

Relevance of anti-inflammatory and antioxidant activities of exemestane and synergism with sulforaphane for disease prevention

エクセメスタンとスルフォラファンの抗炎症および抗酸化作用に対する相乗効果

乳がん治療薬エクセメスタンとの相乗効果に関する報告

研究レベル
細胞・動物
掲載誌
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America
研究機関
ジョンズ・ホプキンス大学
2013年09月

Sulforaphane accelerates acetaldehyde metabolism by inducing aldehyde dehydrogenases: relevance to ethanol intolerance.

スルフォラファンはアルデヒドデヒドロゲナーゼを誘導することでアセトアルデヒド代謝を促進する:エタノール狭量への関連性

悪酔いの原因物質アセトアルデヒドの代謝促進効果に関する研究

研究レベル
細胞・動物
掲載誌
Alcohol and Alcoholism
研究機関
カゴメ株式会社、ジョンズ・ホプキンス大学
関連リンク
2013年

Sulforaphane Protects Small Intestinal Mucosa From Aspirin/NSAID-Induced Injury by Enhancing Host Defense Systems Against Oxidative Stress and by Inhibiting Mucosal Invasion of Anaerobic Enterobacteria

ブロッコリースプラウトのスルフォラファンに脳梗塞、心筋梗塞予防薬の副作用改善効果が期待

脳梗塞や心筋梗塞の薬として使われる非ステロイド性抗炎症薬の副作用軽減効果に関する報告

研究レベル
細胞・動物
掲載誌
Current Pharmaceutical Design
研究機関
東京理科大学
関連リンク
2012年11月

Neuroprotective effects of sulforaphane after contusive spinal cord injury.

打撲による脊髄損傷の後のスルフォラファンの神経保護効果

研究レベル
細胞・動物
掲載誌
Journal of Neurotrauma
研究機関
ジョンズ・ホプキンス大学
2011年

Sulforaphane Absorption and Excretion Following Ingestion of a Semi-Purified Broccoli Powder Rich in Glucoraphanin and Broccoli Sprouts in Healthy Men

グルコラファニンを含むブロッコリー粉末とブロッコリースプラウトの摂取に伴う、健康な男性におけるスルフォラファンの吸収と排出

研究レベル
動物・臨床
掲載誌
Nutrition and cancer
研究機関
イリノイ大学
2010年5月

Sulforaphane, a Dietary Component of Broccoli/Broccoli Sprouts, Inhibits Breast Cancer Stem Cells

ブロッコリー/ブロッコリースプラウトの食事成分であるスルフォラファンの乳がん幹細胞の抑制効果

研究レベル
細胞・動物
掲載誌
Clinical Cancer Research
研究機関
ミシガン大学
2010年4月

Dietary glucoraphanin-rich broccoli sprout extracts protect against UV radiation-induced skin carcinogenesis in SKH-1 hairless mice.

グルコラファニン豊富なブロッコリースプラウト抽出物の摂取はSKH-ヘアレスマウスにおいてUV照射で誘発される皮膚がんを防ぐ

研究レベル
細胞・動物
掲載誌
Photochemical & Photobiological Sciences
研究機関
ジョンズ・ホプキンス大学
2009年4月

Dietary Sulforaphane-Rich Broccoli Sprouts Reduce Colonization and Attenuate Gastritis in Helicobacter pylori-Infected Mice and Humans

スルフォラファンを高濃度に含むブロッコリースプラウトの摂食は、ピロリ菌に感染したマウスとヒトにおいて腫瘍の形成を減少させ、胃炎を和らげる

研究レベル
動物・臨床
掲載誌
Cancer Prevention Research
研究機関
筑波大学
2009年3月

Oral sulforaphane increases Phase II antioxidant enzymes in the human upper airway.

スルフォラファンの摂食はヒトの呼吸器の抗酸化酵素を増加させる

研究レベル
臨床
掲載誌
Clinical Immunology
研究機関
デイヴィッド・ゲフィン大学
2008年9月

Decline in NRF2-regulated antioxidants in chronic obstructive pulmonary disease lungs due to loss of its positive regulator, DJ-1

正調節因子であるDJ-1の損失が原因で起こる慢性閉塞性肺疾患(COPD)におけるNRF2依存抗酸化機能の変化

研究レベル
細胞・動物
掲載誌
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine
研究機関
ジョンズ・ホプキンス大学
2008年5月

Nrf2 activation by sulforaphane restores the age-related decrease of T(H)1 immunity: role of dendritic cells.

スルフォラファンによるNrf2誘導は加齢に伴うT(H)1免疫の低下を抑制する: 樹状細胞の役割

研究レベル
細胞・動物
掲載誌
Journal of Allergy and Clinical Immunology
研究機関
カルフォルニア大学
2008年3月

Inhibition of Urinary Bladder Carcinogenesis by Broccoli Sprout

ブロッコリースプラウトによる膀胱ガン誘因因子の抑制

研究レベル
動物
掲載誌
Cancer Reserch
研究機関
ロズウェルパークがん研究所
2007年10月

Sulforaphane mobilizes cellular defenses that protect skin against damage by UV radiation

スルフォラファンはUV暴露によるダメージから肌を守るための細胞防御を誘導する

研究レベル
動物・臨床
掲載誌
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America
研究機関
ジョンズ・ホプキンス大学
2007年4月

Role of Dietary Supplements/Nutraceuticals in Chemoprevention Through Induction of Cytoprotective Enzymes

細胞保護酵素の誘導によるケモプリベンションにおけるサプリメント及び栄養補助食品の役割

スルフォラファンと食品由来の有用成分の解毒酵素誘導力を比較

研究レベル
細胞
掲載誌
Chemical Research in Toxicology
研究機関
ジョンズ・ホプキンス大学
2007年7月

Preclinical and Clinical Evaluation of Sulforaphane for Chemoprevention in the Breast

乳がん予防に対するスルフォラファンの臨床前および臨床評価

研究レベル
動物・臨床
掲載誌
Carcinogenesis
研究機関
ジョンズ・ホプキンス大学
2007年4月

Protective effect of sulforaphane against dopaminergic cell death.

ドーパミン系細胞の死滅に対するスルフォラファンの防護効果

研究レベル
細胞
掲載誌
Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics
研究機関
蔚山(ウルサン)大学
2006年12月

Induction of GST and NQO1 in Cultured Bladder Cells and in the Urinary Bladders of Rats by an Extract of Broccoli (Brassica oleracea italica) Sprouts

ブロッコリースプラウトの抽出物による膀胱がん細胞と膀胱がんモデルラットにおけるGSTとNQO1の増加

研究レベル
細胞・動物
掲載誌
Journal of Agricultural and Food Chemistry
研究機関
ロズウェルパークがん研究所
2006年

Safety,Tolerance,and Metabolism of Broccoli Sprout Glucosinolates and Isothiocyanates: A Clinical Phase I study

ブロッコリースプラウトのグルコシノレートとイソチオシアネートの安全性、汎用性及び代謝について:第1相臨床試験

12人の成人に濃度の異なるスプラウト抽出物を服用してもらい、安全性を検証した研究

研究レベル
臨床
掲載誌
Nutrition And Cancer
研究機関
ジョンズ・ホプキンス大学
2006年4月

Potent activation of mitochondria-mediated apoptosis and arrest in S and M phases of cancer cells by a broccoli sprout extract.

ブロッコリースプラウト抽出物によるS期もしくはM期のがん細胞に対するミトコンドリアを介したアポトーシスと細胞周期の停止効果

研究レベル
細胞
掲載誌
Molecular Cancer Therapeutics
研究機関
ジョンズ・ホプキンス大学
2006年3月

Sulforaphane inhibits histone deacetylase in vivo and suppresses tumorigenesis in Apcmin mice

スルフォラファンは生体内のヒストンジアセチラーゼを抑制し、Apc(−)マウスの腫瘍形成を抑制する

大腸がんのモデルマウスApc(−)マウスを使った大腸での腫瘍形成抑制に関する報告

研究レベル
動物
掲載誌
The FASEB Journal
研究機関
オレゴン州立大学
2006年1月

Sulforaphane reduces infarct volume following focal cerebral ischemia in rodents

スルフォラファンはラットにおいて脳虚血に続いて起こる梗塞体積を減少させる

研究レベル
動物
掲載誌
Neuroscience Letters
研究機関
テキサス大学
2005年9月

Divergent responses of chondrocytes and endothelial cells to shear stress: cross-talk among COX-2,the phase2 response,and apoptosis

軟骨細胞および内皮細胞の剪断応力への分岐反応:COX-2、第2相反応、アポトーシスのクロストーク

研究レベル
細胞
掲載誌
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America
研究機関
ジョンズ・ホプキンス大学
2005年9月

Phenethyl isothiocyanate and sulforaphane and their N-acetylcysteine conjugates inhibit malignant progression of lung adenomas induced by tobacco carcinogens in A/J mice.

フェネチルイソチオシアネートとスルフォラファン、N-アセチルシステインは、 A/Jマウスのたばこ発がん物質により引き起こされた肺腺腫の悪性進行を抑制する

A/Jマウスは肺がん発生のモデルマウス

研究レベル
動物
掲載誌
Cancer Research
研究機関
全米がん研究所(NCI)
2005年3月

Sulforaphane Induces Thioredoxin through the Antioxidant-Responsive Element and Attenuates Retinal Light Damage in Mice

スルフォラファンはマウスにおいて抗酸化反応成分を経てチオレドキシンを合成し網膜ダメージを弱める

研究レベル
動物
掲載誌
Investigative Ophthalmology & Visual Science
研究機関
京都大学
2004年10月

The dietary isothiocyanate sulforaphane targets pathways of apoptosis, cell cycle arrest, and oxidative stress in human pancreatic cancer cells and inhibits tumor growth in severe combined immunodeficient mice.

イソチオシアネートスルフォラファンの食事摂取はヒトすい臓がん細胞においてアポトーシスと細胞周期の停止、酸化ストレスを引き起こし、免疫不全マウスの腫瘍成長を抑制する

研究レベル
動物・細胞
掲載誌
Molecular Cancer Therapeutics
研究機関
サスカチュワン大学
2004年

Phase 1 study of multiple biomarkers for metabolism and oxidative stress after one-week intake of broccoli sprouts

ブロッコリースプラウト1週間摂食後の代謝および酸化ストレスに関する複数のバイオマーカーの第一相試験

臨床試験実施にあたって安全性等を確認するために実施された試験

研究レベル
動物
掲載誌
Bio Factors
研究機関
東京大学
2003年3月

Synergy between sulforaphane and selenium in the induction of thioredoxin reductase 1 requires both transcriptional and translational modulation.

スルフォラファンとセレンのチオレドキシン還元酵素の誘導に対する相乗効果

魚などに含まれるミネラルのセレンとスルフォラファンの相乗効果に関する報告

研究レベル
細胞
掲載誌
Carcinogenesis
研究機関
ノリッチリサーチパーク(NRP)
2002年5月

Sulforaphane inhibits extracellular, intracellular, and antibiotic-resistant strains of Helicobacter pylori and prevents benzo[a]pyrene- induced stomach tumors

スルフォラファンは細胞内と細胞外で抗生物質抵抗性ピロリ菌を抑制し、発がん物質ベンゾピレンによる胃腫瘍の形成を予防する

研究レベル
細胞・動物
掲載誌
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America
研究機関
ジョンズ・ホプキンス大学
2001年12月

Powerful and prolonged protection of human retinal pigment epithelial cells, keratinocytes, and mouse leukemia cells against oxidative damage: The indirect antioxidant effects of sulforaphane

ヒト網膜色素上皮細胞、ケラチノサイトおよびマウス白血病細胞の酸化ストレスダメージに対する強力で長期的な保護効果:スルフォラファンの間接的な抗酸化効果

研究レベル
細胞
掲載誌
Proceedings of the National Academy of Sciences
研究機関
ジョンズ・ホプキンス大学
2001年5月

Chemoprotective Glucosinolates and Isothiocyanates of Broccoli Sprouts Metabolism and Excretion in Humans

ブロッコリースプラウトのグルコシノレートとイソチオシアネートによるケモプロテクション:ヒトでの代謝と排泄

研究レベル
臨床
掲載誌
Cancer Epidemiology Biomarkers&Prevention
研究機関
ジョンズ・ホプキンス大学