村上農園新卒採用

営業・企画

営業本部 本部長
兼 営業企画室 室長

河野 尚之

部門マネジメントからCM制作まで、年々仕事の幅が広がる。

営業本部長として、メンバーのマネジメントを行っています。それぞれのメンバーが商談に行く前と商談後に情況を確認し、先方のニーズは何で、それに我々が適切に対応できたかを振り返る、一言で言えば、全社の営業戦略のPDCAを回す仕事です。
他にも、新商品開発、パッケージの検討、CM制作なども担当しており、年々仕事の幅が増えています。未経験の領域であるため、日々勉強、日々実践。常に現在進行形で頑張っているところです。
私は中途入社ですが、前職がサービス業でしたので、次はメーカーでモノを扱う仕事がしたいと思っていました。その希望は叶ったわけです。ただ、社名の「農園」から牧歌的な社風を思い描いていたのですが、入社してみると全く違う。成長のスピード感があり、個々人がやることはどんどん広がる。良い意味でのギャップを感じましたね。

「自責思考」が、私の仕事の流儀。「仕方がないよね」に逃げない。

私自身のこだわりであり、営業部門メンバーにも要求している仕事のスタイルが、「自責思考」です。野菜には相場があり当社の商品の売れ行きにも影響を与えます。競合他社も営業活動をしていますから、取引先の環境も日々変わります。更に商品が野菜ですから品質も日々異なります。そういった外部環境を言い訳にすることなく、「自分ならこの環境をどう乗り越えるか」を常に自責で考えて動くようにしています。

動画

世界へ、そして宇宙へ。
スプラウトのビジネスチャンスは「∞」。

技術の進歩で人類の寿命がどんどん伸びてきており、それに比例して「健康」を保つことは世界中の人の悲願となりつつあります。日本のみならず、海外や宇宙でも、スプラウトビジネスが有用である場所を見つけ出してどんどん展開したいと考えています。当然、新たな野菜や関連したビジネスも検討して展開したいですね。

1日のスケジュール

8:00
出勤

全社と各エリアの実績数値・行動スケジュール確認。
商談準備〜商談

12:00
昼食

外出することもありますので前後することもあり。

13:00
商談

商談同行や業務指示。

19:00
業務終了
19:30
帰宅

業務関連の読書や英語の勉強など。

私の7つ道具

営業資料ファイル。
中身は自身で作成した販促提案資料や当社のマーケティングに関わる資料が入っており、商談時には必ず持って行きます。提案書の「鮮度」は営業の「生命」なので、毎週中身を確認し、鮮度が落ちていれば資料を作り直します。

営業・企画

  • 讃井 美智子

    営業企画室
    主任

    讃井 美智子

  • 御幡 はるか

    名古屋出張所
    営業担当

    御幡 はるか

  • 近藤 祐美

    名古屋出張所
    店舗営業担当

    近藤 祐美

  • 石田 圭

    首都圏営業所
    営業担当

    石田 圭

  • 篠田 友里

    広報マーケティング室
    主任

    篠田 友里

to top