村上農園新卒採用

選ぶ理由の
ある野菜

オンリーワンの野菜をつくること。
それが村上農園のこだわりです。

村上農園は、こころやからだの健康に寄与する、ほかにはない新しい価値をもった、
「選ぶ理由のある野菜」を提供しています。

からだの健康に効く野菜

村上農園が「機能性野菜」という野菜カテゴリーを提唱したのは、1999年のこと。その定義は、「ビタミンや植物由来の有用成分(ファイトケミカル)などのうち、本来野菜にごく微量にしか含まれない、もしくはまったく含まれない成分を、技術を用いて高い含有量にした野菜」……です。20年近く経った現在、機能性野菜という言葉は、時代のトレンドキーワードのひとつになりました。

  • ブロッコリー スーパースプラウト

    米ジョンズ・ホプキンス大学のタラレー博士が、がん予防研究の過程で開発。機能性成分「スルフォラファン」が一般的な成熟ブロッコリーの約20倍含まれている。

  • マルチビタミンB12かいわれ

    本来野菜には含まれない「ビタミンB12」を含む「栄養機能食品」。広島大学との共同研究で開発。

  • ブロッコリースプラウト

    米ジョンズ・ホプキンス大学のタラレー博士が、がん予防研究の過程で開発。機能性成分「スルフォラファン」が一般的な成熟ブロッコリーの約7倍含まれている。

スプラウト、豆苗、ハーブ、etc.
=「こころの健康に効く野菜」

「こころの健康」をサポートする商品として村上農園が提供している野菜は、栄養価が高く、
食事に彩りや風味を与えるスプラウト野菜、豆苗(とうみょう)、ハーブなどです。

  • 豆苗

  • かいわれ大根

  • スプラウトシリーズ

ハーブ シリーズ

スプラウトとは発芽野菜のこと。野菜の新芽には、ビタミンやミネラルのほか、ファイトケミカル(植物由来の有用成分)や酵素など、生命の維持に必要な栄養がぎっしり詰まっています。新鮮で無農薬、調理も簡単で、食材として理想的な条件を備えています。もやしやかいわれ大根などもスプラウトの仲間ですが、英語の「スプラウト」のネーミングで価値ある新しい野菜カテゴリーとして市場に提案したのが村上農園です。また、品種や生産技術の改良、独自のマーケティング活動によって、中国の高級野菜「豆苗(とうみょう)」を、ほうれん草や小松菜と同じ緑色葉物野菜として日本市場に導入しました。豆苗は、おいしくて栄養豊富であること、再収穫の楽しみがあること、植物工場生産ならではの安全性や安定した供給力などにより、近年急速に食卓に浸透しています。

スプラウト、豆苗等について詳しくはこちら
to top