企業情報

企業情報 ニュースリリース&トピックス

ニュース一覧

2017年11月15日

ブロッコリー スプラウトの「便通改善作用」を確認
ヒトを対象とした研究結果を筑波大学・谷中教授が報告

株式会社村上農園(本社:広島市、代表取締役社長:村上清貴)は、筑波大学・谷中昭典教授が行うブロッコリー スプラウトに関する研究に助成しています。この度、谷中教授はブロッコリー スプラウトの摂食が不規則な便通を改善することを、ヒトを対象とした臨床試験で明らかにしました。本研究結果は、日本酸化ストレス学会誌「Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition」のオンライン版に、2017年11月3日に掲載されました。


■ 本研究の目的

 不規則な便通には、バランスの悪い食生活や精神的なストレスなど様々な要因が関係していると言われています。最近の研究では「酸化ストレス」が便秘の原因になることが明らかになってきました。
 一方で、ブロッコリー スプラウトに含まれる有用成分「スルフォラファン」には、体内の抗酸化作用(酸化ストレスを防ぐ作用)を高める働きがあることが分かっています。そこで本研究では、ブロッコリー スプラウトの摂食が不規則な便通に与える効果について検証しました。


■ 方法と結果

 軽い便秘傾向のある男女48名を2グループに分け、1グループにはスルフォラファンを高濃度に含む発芽約3日目のブロッコリー スプラウトを、別のグループにはスルフォラファンを含まないアルファルファ スプラウトを1日20gずつ4週間食べ続けてもらい、便通への影響を調べました。その結果、ブロッコリー スプラウトを食べたグループで、便通スコア※1に低下傾向が見られ、便通が改善することが示唆されました


※1 排便頻度や排便に要する時間など8つの要因を点数化したもの。点数が高いほど便通に問題がある。



図_スプラウト摂食後便通スコア変化.jpg



■ 谷中教授のコメント

 世界中の膨大な数の人々が、日常生活において便通に問題を抱えていると報告されています。便通の問題は、生活の質(QOL)を損なう要因となるため、日々の生活の中で実践可能な解決方法を見つけることが重要です。
 これまでに私たちは、ブロッコリー スプラウトに含まれるスルフォラファンの摂取で、体内の抗酸化酵素が増え、抗酸化作用が高まることを報告しています。本研究で、この抗酸化作用が、便秘の原因の一つである酸化ストレスから腸を保護することで、便通が改善する可能性が示唆されました。研究参加者に摂取していただいたブロッコリー スプラウトは1日に20g。毎日の食事に無理なく取り入れられる量です。ブロッコリー スプラウトの摂取は、便通の問題とそれに伴うQOLの低下を、日常生活の中で解決する手段となり得るものと期待できます。



《研究者プロフィール》

筑波大学_谷中昭典教授.jpg

谷中昭典 (やなか あきのり)

医学博士・筑波大学 医学医療系 臨床医学域 教授

筑波大学附属病院 日立社会連携教育研究センター (消化器内科)

――筑波大学病院消化器内科で治療に携わる傍ら、胃がんや大腸がんなどの予防に関する研究に従事。米国ジョンズ・ホプキンス大学のポール・タラレー博士の依頼をきっかけに、スルフォラファンの研究に着手。2009年に発表された、胃がんの原因となるピロリ菌の除菌作用は、国内外で大きく注目された。





■ 用語解説

  • * ブロッコリー スプラウト
    ブロッコリーの新芽(スプラウト)。スルフォラファンを高濃度に含むブロッコリー スプラウトは、ジョンズ・ホプキンス大学のポール・タラレー博士が、品種の選抜と育成方法の確立によって開発に成功した。日本では村上農園が同大学とライセンス契約を結び、1999年から生産・販売を行っている。
  • * スルフォラファン
    ブロッコリー スプラウトに含まれる有用成分。体内の抗酸化酵素や解毒酵素の生成を促し、がんや様々な疾患への予防効果が期待されている。
  • * 酸化ストレス
    喫煙や紫外線、日々のストレスなどによって体内で過剰に発生した活性酸素が、細胞やDNAを傷つけ、疾病や老化など様々な障害を引き起こすこと。酸化ストレスは、腸や筋肉の組織細胞にもダメージを与え、それによって排便活動に関わる運動性や腸液の分泌といった腸の機能を弱めてしまうため、便秘などの不規則な便通を引き起こす原因となる。

【会社概要】

設 立
1978年1月
代表者
村上清貴
売上高
88億8,000万円(2016年12月期)
事業内容
スプラウト、豆苗、かいわれ大根など発芽野菜と高成分野菜の生産・販売
事業所
本社・研究開発部(広島)
生産センター(千葉、神奈川、静岡、山梨、三重、広島、福岡)
営業所(東京、愛知、大阪、広島)
広報マーケティング室(東京)
関連会社
株式会社 沖縄村上農園(沖縄県大宜味村)、株式会社ムラカミシード
WEBサイト
http://www.murakamifarm.com
【この資料に関するお問い合わせ先】
(株)村上農園 広報マーケティング室 (担当:篠田)
TEL:03-5212-2451 / FAX:03-5212-2452 / email:shinoda@murakamifarm.com
住所:東京都千代田区九段北1-10-5サンブリッジ九段ビル9階