パーティーのおもてなし料理に!「豆苗のニョッキ」のつくり方

2016.10.28

こんにちは! 豆苗研究会No.68の服部(はっとり)です。
今日は年末のパーティーシーズンに向けて、私が開発した「豆苗のニョッキ」※ のレシピをご紹介します!

※ ニョッキとは芋類と小麦粉で作るイタリアのパスタの一種。日本の「すいとん」に似たもちもち食感が特徴。
豆苗研究会メンバーとしては、せっかくなら豆苗の緑色を生かした、色鮮やかなニョッキをつくりたい!というわけで、検証スタート!A、B、C の3つの条件で豆苗を準備して、できあがりを比較してみました。

 

A 生のまま豆苗を細かく刻む

B 茹でた豆苗を細かく刻む

C 茹でた豆苗をミキサーでペーストにする

 

A、B、C それぞれを生地に混ぜて茹でたニョッキがこちら

 

bg1

AとBはまだら模様になってしまい、見た目がいまいち……
それに比べてCはきれいな緑色に仕上がりました わーい (嬉しい顔)

食べた食感もA、Bよりなめらかで美味 exclamation
でも、もう少し濃い緑色にしたい… というわけで
ミキサーに加える水の量を減らして再チャレンジ!

 

できあがったニョッキがこちらdouble exclamation

bg2
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに鮮やかな緑色のニョッキの生地ができましたひらめき

食べた瞬間にふわりと豆の香りが広がる豆苗のニョッキハートたち (複数ハート)
もちもちの食感でなかなかよい仕上がりですわーい (嬉しい顔)

 

完成したレシピをご紹介しまするんるん (音符)

豆苗のニョッキ
《 材料 》
豆苗(1パック)
水(50ml)
じゃがいも中2個(250g)
小麦粉( 60g)

【A】
バター (10g)
パルメザンチーズ (大さじ2)
塩(少々)
こしょう(少々)

 

《 つくり方 》

 

no1
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
① 豆苗は根元を落として洗い、沸騰したお湯で30秒程度茹でて、水分を軽く絞り適当な大きさに切って、水(50ml)とミキサーに入れてなめらかになるまで撹拌する。

 

no2
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
② じゃがいも(茹でるor蒸かしてやわらかくしたもの)をボウルに入れて潰して、【A】を加えてよく混ぜる。①を加えてさらによく混ぜてから、小麦粉をふるい入れて、粉っぽさがなくなるまで練り混ぜる。
※ 写真ではすり棒を使っていますがヘラでもよい。すり棒やヘラが無い場合は、大きめの密閉袋に入れて、袋の上から揉みこむように混ぜてもよい。
その場合、蒸かしたてのじゃがいもは熱いので気をつける。

 

no3
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
③ ②生地の粉っぽさがなくなり生地がひとまとまりになったら直径2~3cm程度の棒状にのばし一口大に切る。
※ 生地の硬さの目安は粘土や耳たぶ程度。柔らかい場合は小麦粉を追加する。
※ まな板やフォークに小麦粉を適量ふるうと生地がべとつかず作業しやすい。

 

no4
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
④ 成形した生地にフォークを押しあてて平らにする。
※溝をつくると均一に火が通りやすい。

 

no5
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
⑤ 鍋に湯を沸かして、塩 (分量外 ゆでる水の量の1% 程度)を加えて、④を入れて茹でる。
生地が浮いてきたら、ざるにそっと入れて水気をしっかりきる。
※ オリーブオイルを少量まぶしておくとニョッキ同士がくっつかない。

 

できあがったニョッキをクリームソースにあえたものがコチラ左斜め下左斜め下

 

bg4
 

 

 

 

 

 

 

 

 
豆苗の緑色が白いクリームソースに映えていい感じですdouble exclamation

ソースのつくり方も知りたいという方は 村上農園のホームページレシピ 豆苗のニョッキ ベーコンクリーム仕立てをご覧ください double exclamation
ソースは市販のお好みの味のパスタソースでも大丈夫ですひらめき

 

ちなみに、もうすぐハロウィンなので、この豆苗ニョッキを使って、ハロウィンバージョンの2色ニョッキもつくってみましたるんるん (音符)

bg5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黄色と緑色のニョッキが鮮やかで、豆香る豆苗ニョッキと甘いかぼちゃのニョッキと2つの味が楽しめる一皿に仕上がりましたぴかぴか (新しい)
詳しいレシピは 村上農園のホームページレシピ 豆苗とかぼちゃのニョッキ をご覧くださいるんるん (音符)